スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年04月06日

夜景鑑賞士が薦める「恋のジンクスがある」夜景場所

今日はホワイトデー。大切な人と素敵な夜を過ごしたいという方も多いはず。そこで、夜景マイスター(夜景鑑賞士検定1級)の井上晴雄さんに『恋のジンクスがある』夜景スポットを伺った。

「夜景スポットが多い都市といえば、まず横浜市が挙げられます。美しい横浜の夜景を公園でゆっくり眺めたい方は『新港パーク』がオススメ。海に映える街灯りは幻想的かつ繊細です。その一角に映り出すヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの先端には『リカコ』と呼ばれる赤い女神像があります。この女神像は平和の象徴としてつくられたもので、眺めることで二人の愛が叶うと伝えられているんですよ」

「奈良県生駒市を通る信貴生駒スカイラインの中間には『鐘の鳴る展望台』があります。眼下に広がる大阪平野の夜景は、まるで星屑を散りばめたよう。展望台には、愛の鍵(南京錠)を取り付けるモニュメント『誓いのリング』があり、リングの重なる部分を二人で手をつないで通れば、愛が叶うとされています」

「広島県呉市には、標高737mに展望台がある『灰ヶ峰』があります。ここには、いわゆる文字カップル伝説が伝えられていて、眼下に広がる呉市の街灯りが『くれ』と読めれば、そのカップルは結ばれると言われているんです」

 現在わずか5名しかいない夜景観賞士1級の取得者で、夜景をテーマにした絵画も多数制作している井上さん。「二人の心が通じ合った時、眼下に広がる夜景はより一層輝きを増し二人を包み込んでくれると思います。夜景の名所は  


Posted by biiizu6 at 16:19Comments(0)